本文へスキップ

児童英会話で重要な要素、対策

フォニックス、サイトワード、児童英検、子供用オンライン英会話

Phonics (フォニックス)

教育方針イメージ

最近少しづつ注目されてきたフォニックスですが、一体どのようなものでしょうか?
たとえば、アルファベットの「A」は「エイ」という呼び名ですが、実際に「エイ」と読む単語はあまりありません。「Apple」の発音は「アップル」ですよね。ですので「A」は「アッ」と発音します。同じように「B(ビー)」は「ビー」と発音する単語はほとんどありません。「Book」「ブック」のように「B」は「ブッ」と発音します。「D(ディー)」は「ドゥッ」と発音する。こうしたアルファベットと実際の発音の関係を一つ一つ学ぶことをフォニックスといいます。


ではフォニックスがわかると何ができるのでしょうか?

アルファベットとその発音を正確に知る事で
初めて見た単語も読めるし
、フォニックスの音を追う事で単語がスラスラ書けるようになる。
これがフォニックスの最大の目的です。

ネイティブの講師は口を揃えて言います。
「フォニックスもわからないのに英語を話せるわけがないよ」
英語を学ぶためにはフォニックスをまず最初に始めるべきなのです。

僕たちは学生の頃、必死に何度も何度も書いて単語のスペルを覚えました。しかし外国圏の子供達はそんな覚え方はしていません。
もちろんフォニックスで発音できない単語もあります。
下記で出てきますがSight Word (サイトワード)などがそうです。
しかし、フォニックスを覚える事で明らかにスペルも発音も覚えるのがとても簡単になります。英単語の発音にはある程度関係性や法則があるのです。日本語の発音に比べるとはるかに少なく、規則性がありわかりやすいものです。


フォニックスの勉強法




Sight Word (サイトワード)

目標イメージ

ほとんどの日本人はこの言葉の意味を知らずやみくもに英単語を勉強しています。
Sight Word (サイトワード)とは、よく見る単語という意味です。
会話の中にも本の中でも、とにかくよく出てくる単語、それがサイトワードです。
例えば、I、You、When、Where,など誰でも知っている単語などがそうです。
ところが今の日本の学校の英語教育ではこのサイトワードを無視して(全部ではありませんが)ざっくばらんにただ、英単語を覚えさせているのが現状です。実は英単語を覚えるにも優先順位があるのです。英語圏の子供達はこのサイトワードを段階を踏んで覚えていきます。
会話にまず最初に必要な単語はサイトワードで学び、英語力,リーディング、発音を正しくは理解するためにフォニックスを覚えていく。こんなイメージで良いのではないでしょうか?


サイトワードダウンロードページ


英検ジュニア

     

今、日本で大注目されているのが英検ジュニア。

以前は児童英検という名前でしたが、英検ジュニアに変わりました。
私立の小学校のいわゆるお受験では必須となりつつあります。
Bronze、Silver、Goldと分かれていて合格正解率は80%と、子供達が初めて受ける試験としてはかなり厳しいテストでしょう。

英検ですら60%〜65%の正解率ですから幼い子供達からすると大変なものです。
大人でも英会話が苦手と言う人はそうそう受かるテストではありません。

テストはリスニング形式で、当てはまる所に○を入れるだけなのですが、基本的な文章のヒヤリング能力、理解力、単語力、表現、少なくともネイティブな外国人が話す英語の発音に慣れておく必要があります。

特に英検ジュニアのGoldの問題のレベルは凄まじく難しく、Bronze、Silverがら比べると合格率は激減します

Goldを受かった子供が英検3級のリスニングを受けて、
「英検ジュニアのGoldに比べてむちゃくちゃ簡単」と言えるほど、リスニングは難しいと言えます。
でも、テスト慣れをしていない小さな子供達にも是非トライしてほしい資格です。

また、日本英検協会ではオンラインによるトレーニングコースも実施しています。

ラーニングコースは2000円からと値段も安く、1か月単位で
トレーニング期間を選べます。
一旦申し込むと期間中何度でも練習問題にトライできるので受験前の練習にはもってこいです。

「受験案内」からオンライン版の「個人での申し込み」をクリックして
下さい。
そこから新規会員登録をしてクレジットカード決済となります。


ブロンズ、シルバー、ゴールド、の試験の全容と内容を知りたい方はこちらから

英検ジュニアの勉強法


そして2017年度では約16万人もの小学生が英検を受けています。

今や英検は中学生からではなく小学生から取得する資格となっています。
日本人の英語力を上げるためにもどんどん挑戦してほしいですね。
下記では英検対策として紹介しています。

英検対策はこちら


子供用オンライン英会話

     


◆オンライン英会話

それと最近話題になっているのが、スカイプなどを使ったオンライン
英会話ですね。
近くに英会話教室がなかったり、習い事がたくさんあるので時間が取れないなど、自宅で手軽にレッスンができるのがオンライン英会話です。
最近は子供用のオンライン英会話も出てきてますます便利になっています

英会話教室に通う必要もなく、店舗経営をしていないためレッスン料も安く自分の好きな時間に自宅でできるところが便利です。

時間も短い時間から長い時間まで選べますので忙しい方、また近くに英会話教室などがない方には向いています。

無料体験もありますので一度体験だけでもしてみたら良いかと思います。
以下の会社も良心的な料金体系とこまめな対応で評判のところです。

子供用オンライン英会話の会社一覧