本文へスキップ

年齢別、目標別に考える英会話上達へのプロセス、使える英会話教材を探すサイト

英検5級対策 

全体的な問題傾向

英検5級で問われる問題は、どれも英語の基本となるとても大切なポイントです。
しかし、単語や文の種類は限られていますから、よく似た問題がくり返し出題されます
同じ表現が、ある回ではリス二ンクで、ある回では語句空所補充問題で、またある回では語句整序問題で出題されることがよくあります。
基本となる文や受け答えを覚えておき、どんな問題形式の中で取り上げられても答えられるようにしておきましょう。
ほぼ毎回出題される表現や文法事項には次のようなものがあります。

☆単語や表現
●月の名前(January/February…)と、それが1年で何番目
(first/Second…)の月か、日付や時刻、数字の読み方、位置の表し方
(in/On/under/by)、熟語的な表現(stand up !
.look at〜/a lot of〜)、
初対面のあいさつ、ほめられたときや頼まれたときの返答など。

☆文法
●疑問文(Do you〜?/Are you〜?/When〜?/Where〜?/Whose
〜?)の組み立て方と答え方、How〜?やHow many[much/0ld]〜?
などの疑問文と答え方、主語が3人称単数(I ,you以外で1人・1つの場合)
の文の作り方、命令文とその応答、代名詞の使い方など。

また、筆記・リス二ンクのどちらにも、いろいろな人の名前が出てきます。
リス二ング問題の中だけでCharlie/Dave/Peter/Terry/Beth/Lucyなどの名前が
使われました。
筆記試験であれば、大文字で始まっていたり、前後の文とコンマで区切られていたりして、名前であることに気づきやすいのですが、リス二ンクでは前後の声の調子や
意味から判断することになります。
聞きなれない名前でもあわてずに全体の流れをつかめるようにしておきましょう。


攻略ポイント
筆記
1 短文の語句空所補充
単語・熟語
●出題傾向 注意すべき単語ではpeopte/Page/Z00/jump/newなど、
また熟語的な表現ではWelcome to〜./a cup of〜などが出題されます。
Have a good nightもsIeep./go swimming/Alright.などの慣用表現も
取り上げられました。
●攻略のコツ 単語を1つ1つ覚えるよりも、基本的な文の中で覚えましょう。
また正解の単語だけでなく、選択肢として取り上げられているほかの単語の意味や使い方もチェックしてみましょう。

文法
●出題傾向 疑問文、現在進行形、代名詞theirやmine、主語に合わせて
be動詞やDo/Doesの正しい形を選ぶ問題などが過去に出題されました。
●攻略のコツ 疑問文・命令文の作り方とその答え方、動詞の形(be動詞の変化、−S/−eSをつけるかどうか、〜ingなど)は、特にていねいに学習しておく必要があります。人称代名詞(l−my−me−mineなど)の使い方もよ
く確認しておきましょう。

2「会話の文空所補充」
●出題傾向 When〜?/What color〜?/How tall〜?に対する答え方、
Do you want some〜?→Yes,Please.や Here's〜.→Thanks・など、
いろいろな場面での応答もよく出題される傾向にあります。
道案内ができないときのIm sorry,but l don’t know.という答え方も取り上げられました。
●攻略のコツ 疑問文の最初の部分に答え方のヒントがあります。
Do/Does〜?の場合は、後半にorがあるかどうか忘れずにチェックします。
初対面のとき、頼まれたときなどの自然な表現も覚えておきましょう。
3 日本文付き文の語句整序
●出題傾向 基本となる肯定文、疑問文、否定文のほか、禁止の命令Dont〜.
や許可を求めるときのCan l〜?などの並べかえが出題されました。

●攻略のコツ 
日本文が疑問文や命令文でなければ、〈主語+動詞〉の順で文を始めます。
疑問詞(Whatなど)を含む疑問文とふつうの疑問文の語順
の違いにも気をつけることが大切です。

☆リス二ング

第1部

●出題傾向 問題用紙には状況を表す絵があるだけで、各問題の3つの選択肢も放送で読まれます。
What,the date today?/Which do you Want,AorB?
などの質問に対する応答のほかに、Lets〜.→OK./Can you〜,Please?
→Sure,/How’s your mother?→Good,thanks.
など、さまざまな状況が取り上げられます。

●攻略のコツ
 基本的な応答を覚えておくことはもちろんですが、
場面に合わせた応用力も求められています。問題の絵だけでなく、声の上下や口
調も参考にして、状況を想像して聞くといいでしょう。

第2部
●出題傾向 親子や友だち同士の会話を聞き、それについての質問に答えます。
各問題の4つの選択肢は問題用紙に書かれています。
会話中の数字や日時を聞き取る問題、How〜?に対する答え方などが出題されるようです。

●攻略のコツ
 質問の最初の単語が答え方のカギです。集中して聞き取るようにしましょう。
選択肢には長めの単語も含まれています。すばやく読み取る練習も大切です。
なお、話している2人の名前がポイントになる場合が多いので、注意して聞きましょう。

第3部
●出題傾向 絵を見て正解を選びます。選択肢は各問題3つで、放送で読まれます。
数字の読み方、位置の表し方はほぼ毎回出題されています。
newspaper/kitchen/fruit/Windy/eraser/movie theaterなどの単語が
用いられました。
また、Iistento〜/brush(his)teethなどの表現も出題されます。
●攻略のコツ 読み上げられる英文は3つとも、とても似ています。異なる部分に注意して聞き取ることが大切です。
知らない単語があっても、ほかの選択肢が理解できれば大丈夫です。
落ち着いて聞いてみましょう。



是非 参考にして頂いて皆さんが5級に見事合格することを心から願っています。